転職エージェントは魅力的なサービスがたくさんあるのでぜひ利用したいのですが、メリットばかりではありません。

デメリットもあるのでそれを知っておくようにし、よく考えて登録するようにしましょう。

◇採用基準が厳しくなる可能性がある?

看護師の転職エージェントを利用して転職活動して採用が決まり、晴れて入職することになったら、その施設(病院など)は転職エージェントに採用費用を支払うことになります。

例えば給与が500万円で採用決定となった場合、エージェントに75万円から100万円支払うことになります。

もちろん、これは双方でこのような契約をしているから当然のことです。

しかし、採用する側は、エージェント通さずに直接応募してきた人を採用した場合は先ほどの費用を支払う必要がないので、同程度のスキルの人が応募してきたときに、直接応募の人を採用する可能性もあります。

採用基準が厳しくなってしまうかもしれません。

◇担当者によってサービス内容に差がある

転職エージェントに登録すると、担当者がついてくれることになります。

相談や応募など、すべてその担当者にお願いすることになるのですが、担当者によってサービスの質に差が出ることがあります。

また、どうしても相性が合わないという場合も出てきます。

もしそんな担当者になったら、交代を依頼することが可能です。

◇中には悪徳業者も

数ある看護師転職エージェントの中には、悪徳な業者もいくつかあるようです。

参照記事:ブラック転職先とグル…”悪徳”人材紹介会社に用心! | ビジネスジャーナル

執拗に面接を受けるように依頼してきたり、虚偽の求人を掲載したりするところがあります。

このような業者には引っかからないように気をつけましょう。