Category Archives: 看護師として働く転職先

看護師の転職先としての老人施設

看護師の転職先として高齢者施設がありますが、その中でも特別養護老人ホームは高齢者増加に伴い数多くの施設が出来ていますので、人員募集も多い職場です。

ただ1人で担当する利用者が多い為即戦力が求められており、新卒などで入社する人は少なく、ある程度経験を積んだ看護師の転職先となっています。

また特別養護老人ホームの場合、夜勤はありませんが夜間緊急連絡先としての担当はありますので、自宅待機の当番日はあります。

何もなければ出社はしなくて良いですので、通常の夜勤と比較し負担は少なく子育て中であっても勤務しやすいなど勤務条件が良い為に就職先として選ぶ場合もあります。

同じ老人施設でも介護老人保健施設の場合、療養目的の施設であり医師や看護師の常駐が求められる為、看護師も施設での夜勤はあります。

こちらは特養と比較し医療重度者が多い為、勤務負担が重い傾向にありますが、夜勤手当もありますので給与水準は高くなります。

逆に特養は夜勤手当がありませんので、給与水準は低めとなります。

看護師の給与水準の高さは夜勤の有無で大きく変わりますので、給与が高い職場を選びたい場合は夜勤がある職場を選んだ方が良いでしょう。

ですがそういった職場は時間が不規則のシフト制である場合が大半であり、正社員の場合は不規則勤務となります。

一方デイサービスは日中のみの仕事ですので、規則的な勤務となりますが正社員の募集は少なく、パートの募集が多いですね。

規模によっても給与水準は異なりますので、収入を多くしたい場合は大規模な施設を選びましょう。

男性看護師の転職

看護師は女性の職業としての認知度が高く、白衣の天使という言葉もある通り女性が非常に多い職業ですが、男性看護師も見られるようになってきました。

以前は精神科など男性独自の体力や力を必要とする職場が多かったのですが、他の科にも男性看護師は活躍の場を広めていっています。

入院患者の介助を行う場合、清拭など体を拭く介助などもある事から男性看護師は好まれにくく、診療科目に制限があります。

これは医師にも言える事ですが、看護師の場合は直接的な看護も多い為男性看護師は敬遠されやすいようです。

ですが男性も看護師資格を取得する人が増えてきており、その結果馴染みのある存在となりつつあります。

男性看護師はまだ割合的に珍しい存在ですので、需要とマッチした職場を探す必要があります。

その為転職する際には男性看護師が必要とされる職場を探す必要があり、転職情報が豊富であり職場情報が詳細にわかりやすい転職支援サイトの利用がお勧めです。

転職情報誌には人材募集の際の条件など記載されていますが、法律的な都合上男性のみ、女性のみ、などといった記載はする事が出来ません。

その為候補となる条件があった場合も実際に連絡しなければわからない事も多いです。

その点転職支援サイトでその転職先の求めている人材について詳細に話を聞く事が出来れば情報の整理がしやすくなります。

男性看護師は結婚出産といった女性独自の休む理由がありませんので、安定した戦力として期待されています。